レビトラはドイツのバイエル社から販売されているED治療薬です。世界で2番目に発売された薬ですが、バイアグラと比べて食事の影響を受けづらい薬となっています。他にも様々な特徴を見てみましょう。

  • ホーム
  • レビトラを服用した時の辛い症状

レビトラを服用した時の辛い症状

悲しい男性

レビトラはED治療薬として有名になったバイアグラの後に開発されたED治療薬になります。
バイアグラはお酒や食事により薬の効果に影響を与えやすいという性質があり、服用するタイミングも難しかったのですが、レビトラはその問題が改善されています。
また、他のED治療薬と比較すると即効性があって、服用しておよそ四十分から五十分ぐらいで効果が現われてきます。
レビトラは即効性があるだけに、副作用の症状がある際は引き起こされるのも早くなってしまいます。
副作用の症状は、ほてってしまった、頭が痛くなったり、鼻が詰まりやすくなったり、動悸やめまいがしたりすることがありますが、服用したほとんどの人に現われる軽い症状のため過度に心配することはありません。
ほとんどの場合はレビトラの効果が切れると副作用の症状も治まっていきます。
頭痛が辛いときには市販されている頭痛薬を服用しても問題ないですが、しばらく経っても頭痛が続く場合はお医者さんに相談する必要があります。
副作用の症状がどう現われるのかは人によるため、レビトラの副作用の症状が重い場合は別のED治療薬を服用してみるというのも良い方法の一つです。
レビトラは抗HIV薬や硝酸薬、抗不整脈薬などを服用している人は処方することができなくなっています。
また、狭心症の発作を六ヶ月以内に引き起こした人は、レビトラを服用することができない可能性があるため、病院などの医療機関でお医者さんの指示に従い服用する方法が最も安全な方法になります。
インターネットなどで個人輸入を代行する業者を経由して安い値段で販売されていますが、偽のレビトラを販売していることも多いため注意する必要があります。

関連記事